求職者たちは少しでももっと儲けるために夜明けごとに現場に来ています。

最近、各種コミュニティであるユーチューブのアルバイト体験映像が話題になっています。 清純な美貌と小さな体格ですが、映像で登場する間中、明るい姿で見る人々の笑みを誘いました。 このアルバイトは今年明けから続いたコロナ19事態の影響で、さらに脚光を浴びています。 様々な体験映像で高い人気を得ているYouTube「今日はイェリム」チャンネルのチョン·イェリムさんが試みたこのバイトは一体何でしょうか。

21歳のチョン·イェリムさんが挑戦した アルバイトはクーパンフレックスです。 彼女は簡単なサラダで食事をした後、クーパンフレックスのアルバイト先に出たのですが…。 小さな軽自動車を直接運転してクーパン本部に到着しました」 その後、車に割り当てられた宅配ボックスを一つずつ運びました。

その後を追って、早いけど正確に宅配ボックスを 配送する場面が映像に入ってますが 持ち運びが難しいような大きな宅配ボックスも荷物を開けて配送し、セキュリティーが徹底しているワンルームの場合は、直接客が書いてくれた暗証番号を叩いて玄関に入ることもありました。 映像の中で彼女は最後の配送を最後に”これからも頑張ります”というコメントと一緒にバイトを仕上げました。 イェリンさんの明るいエネルギーと体験現場が 生々しく映し出されたおかげでしょうか? この映像は、各種コミュニティから高い関心を集めています。

クーパンはコロナ19の反射利益を享受した受益企業の一つです。 在宅勤務、オンライン講義が活性化するにつれ、人々が生活必需品をはじめとするすべての商品を配送するようになり、非対面(アンタクト)消費傾向はますます明確になりました。 実際、民主労総の公共運輸労組によると、クーパンマン1人当たりの平均配送物量は、2015年は56件だったが、コロナ19の発生以降は296件に上りました。 CJ大韓通運も前年同期比1四半期の宅配物流量が20.1%増加するなど、宅配業界はまさに「好況期」を享受しています。

このような状況を受け、年明けからオフライン売場では一斉に求人広告を出し、求職者らは宅配や配達代行会社に目を向けました。 そのうち、クーパンフレックスは、太師の金ヒョンジュンさんが放送活動を止めてから、生計を立ててきた手段として紹介され、関心を受け始めました。

クーパンプレクサは通常、昼、夜、朝方の配送で3タイム募集され、「労働者」ではなく「配送事業者」として件当たり手数料をいただきます。 法律上、労働者ではないので、労災保険などの恩恵は受けられません。 SSGドットコム、マーケットカーリーなど固定級基盤の企業とはある程度差があります。

過去1件当たり約2,000ウォンの配送単価で昼間、夜間フルタイム勤務していた場合、月500万ウォンほどの収入が可能だったことから、クーパンフレックスは「高所得アルバイト」としても評判でした。 それに 여우알바 21歳のイェリムさんも問題なくアルバイトができただけに、クーパンフレックスは採用条件がありません。 宅配と移動手段があればできます。 求職が難しいこのごろ、それこそ破格的な働き口という反応が多かったです。

しかし、最近のクーパンプレクサたちの状況は良くないです。 急減した配送単価のためですよ。 クーパンの1日注文量が年初に比べ、昨年3月、200万件から330万件へと約65%増加したのに対し、クーパンフレックス、クーパンツの配達人員は前年比約2,485%増加した結果です。 宅配の量がクーパンプレクサより多い時は単価が高くなり、反対の場合は単価が下がるといった具合ですね。 地域、気候によっても配送単価は変動することがあります。

実際、最近は早朝の配送時間に合わせて入札しても長時間待たされたり、仕事がないので戻ってくるフレキサーも多いようです。 配送単価も500~1,000ウォンの間に下がり、夜通し宅配便を運んでも届くお金は大きくありません。 現在、平均的早朝配送単価は1150~1,200ウォンで箱800ウォン、ビニール650ウォンまで急落した一部地域もありました。 それなのに働き口のない求職者たちは少しでももっと儲けるために夜明けごとに現場に来ています。 仕事が終わり次第、割り当て量によって入金される上、志願や採用の手続きが簡単だからです。


一部ではクーパンプレクサの席がなくなるのではないかと懸念していますが、これに杞憂という専門家の意見が多かったです。 –今年9月だけでも名節特需で配達量が急増したうえ、コロナ19事態が長期化するにつれ、宅配物流量はこれからも増加傾向だそうですが…。 実際に社会的距離を置く2.5段階が施行された初日基準で、クーパン、マーケットカーリーなど主要オンラインモールでは商品の在庫が底をつくなど、爆発的に急増した注文量を耐えなければなりませんでした。


宅配業界が好況を享受し、関連人材の雇用創出に寄与しているということは否定できません。 ただ、非対面の消費が活性化するため、宅配業界でも防疫と安全に注意を払う必要があります。 最近、クーパンフレックスをしていた一般人や物流センターで大量に確診者が発生し、閉鎖措置をとりました」 クーパン側は、コロナ19防疫のため、年間5,000億ウォンの投資を行うとともに、防疫を強化する、と明らかにした状況です。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다